本文へスキップ
膵臓がんは早期発見・早期治療が大切です。すい臓がんの症状、治療、検査を知っておきましょう!

サイトマップ

<当サイトは医療従事者が監修・運営しています>

> > 癌の相談窓口

がんの相談窓口

※当サイトは医療専門職が監修した膵臓癌に関する情報を提供していますが、インターネットや本の情報だけで自己診断するのは大変危険です。疑われる症状がある場合は専門医を受診する必要があります。膵臓癌が疑われる場合は消化器内科を受診することをお勧めします。

電話相談(無料)


 TEL:03−5218−4776 (日本対がん協会)
  (火曜日〜金曜日 午後1時から4時)

 看護師とソーシャルワーカーが、がんに関するさまざまな相談に対応しています。「セカンドオピニオンを受けたいのだが、担当医に言い出しにくい」「担当医が忙しそうで質問しづらい」「抗がん剤治療の副作用が心配」など、困りごと、心配ごと、誰かに話を聞いてほしい時にご利用ください。

 相談時間は20分まで。予約は不要です。名前を聞かれることはなく、相談内容の秘密は厳守されます。


 TEL:03−5218−4771 (日本対がん協会)
  (電話予約:月曜日〜金曜日 午前10時から午後5時)

 1週間前からの事前予約制で、月曜日の午後と火曜日の午前に1人15〜20分以内で医師による電話相談を受けることができます。電話相談の割り当て時間と電話番号は、予約時に伝えられます。


 TEL:03−5531−0110 (癌研有明病院)
  (月曜日〜木曜日)

 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌火曜日)午前11時〜午後3時に電話相談の受付を行い、受付した相談は同じ週の指定日時に再び電話をかけ直し、癌研内各科の専門医が回答します。 毎週火、水、木(祝日の場合は休み)午前11時〜午後2時は、専任カウンセラーが相談を受けます。


面接相談(日本対がん協会)


 日本対がん協会が「がん無料相談」を東京・有楽町マリオンの協会本部で毎月行っています。「がん無料相談」では、がんに関する相談や質問を医師にすることができます。ただし、診療は行っていません。詳細は電話にはお問い合わせ下さい。

 TEL:03−5218−4771 (日本対がん協会)
  (電話予約:月曜日〜金曜日 午前10時から午後5時)

面接相談(がん相談支援センター)


 がん相談支援センターとは、患者さんや家族の方々に対して癌の治療や療養生活に関する相談や質問を受け付ける、癌に特化した相談窓口です。このがん相談支援センターは全国のがん診療連携拠点病院に設置されています。
近くのがん相談支援センターを探す(外部リンク)



関連記事
がんと診断されたら
医療機関と主治医の選び方
セカンドオピニオンを聞いてみよう
治療を受ける前に聞いておきたいこと
がん患者が抱える痛みと原因
がん性疼痛に対する治療法
がんに伴う痛み以外の症状
すい臓がんの生存率と予後(余命)
すい臓がんの摘出手術