本文へスキップ
膵臓がんは早期発見・早期治療が大切です。すい臓がんの症状、治療、検査を知っておきましょう!

サイトマップ

<当サイトは医療従事者が監修・運営しています>

> > 膵臓癌を早期発見するには

健康診断では発見不可能!?
すい臓がんを早期発見するには

 すい臓がんは非常に発見しにくく、多くの場合で発見時にはかなり進行した状態のため、致死率が高い恐ろしい癌です。だからこそ、いかに早くすい臓がんを発見するかが最も重要なポイントとなります。

目次

※当サイトは医療専門職が監修した膵臓癌に関する情報を提供していますが、インターネットや本の情報だけで自己診断するのは大変危険です。疑われる症状がある場合は専門医を受診する必要があります。膵臓癌が疑われる場合は消化器内科を受診することをお勧めします。

健康診断での発見率は0%!?


 すい臓がんの初期は自覚症状がほとんどない、もしくは特徴的な症状が少なく、その事が発見を遅らせる原因となっています。それでもすい臓がんの症状と思われる自覚症状がある場合は、少しでも早く病院で検査する事が大切です。

超音波検査を受ける人 多くの方が定期的に受けている検査として「健康診断」があります。健康診断の検査内容は基本プランやどのようなオプションをつけるかによって異なりますが、標準的な健康診断の中ですい臓がんを発見できる可能性がある検査が「腹部超音波検査(いわゆる腹部エコー)」です。

 しかし、健康診断で腹部超音波検査を行っているからといって、「がんが早期発見できる」わけではありません。

 すい臓がんは腫瘍の大きさが2cm以下の早期に発見しなければなりませんが、腹部超音波検査ですい臓がんを早期に発見できる可能性はたったの0.003%というデータがあります。
医師の説明を聞く人
 つまり、標準的な健康診断ですい臓がんを早期発見することは極めて難しいということです。毎年健康診断を受けているからと過信せず、少しでも心配があれば医療機関ですい臓がんの検査を受けるようにしましょう。

早期発見できた膵臓癌の生存率



血糖値の突然の上昇はすい臓がんのサイン


病気を調べる医師 すい臓がんの初期症状はほとんどないため、自分で早期に気付くことは困難です。しかし、早期発見する1つのポイントとして、「血糖値の急上昇を見逃さないこと」があげられます。

 すい臓は血糖値をコントロールするホルモンを分泌しているため、すい臓に異常が現れると血糖値を下げるインスリンの分泌量が減り、血糖値が急上昇します。

 血糖値の上昇は暴飲暴食やストレス、遺伝性の糖尿病などによっても起こりますが、これらに思い当たる節がないのに血糖値が急上昇した場合はすい臓がんの可能性があります。

 健康診断などで「空腹時血糖」「尿糖」「HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)」の値が前回よりも急上昇している場合は要注意です。

 また、アミラーゼと呼ばれるすい臓などから分泌される酵素が基準値を超えた場合、もしくは、腹部超音波検査(エコー)で膵嚢胞(すいのうほう)が見つかった場合も要注意です。

 膵嚢胞自体はすい臓にできる液体のたまった袋であり、癌ではありませんが、膵嚢胞がある人はすい臓がんの発生リスクが20倍以上になるというデータがあります。いずれの場合も、速やかに医療機関(消化器内科・消化器外科など)ですい臓の精密検査を受けてみましょう。

膵臓癌はどの検査で発見可能?



関連記事
膵臓癌の検査はどうやって行う?
腫瘍径による生存率の違い
1cm以下で発見するには
膵臓癌の症状とは
初期症状と痛みをチェック
生存率と余命(予後)はどれくらい?
ボーダーライン膵がんとは
膵臓癌の治療には何がある?
どうやって進めるの?
膵臓癌の原因は一体なに?
ステージ分類とステージ4の状況
膵臓癌の手術(外科的治療の術式解説)