本文へスキップ
膵臓がんは早期発見・早期治療が大切です。すい臓がんの症状、治療、検査を知っておきましょう!

サイトマップ

<当サイトは医療従事者が監修・運営しています>

> > ボーダーライン膵がん

ボーダーライン膵がんとは

※当サイトは医療専門職が監修した膵臓癌に関する情報を提供していますが、インターネットや本の情報だけで自己診断するのは大変危険です。疑われる症状がある場合は専門医を受診する必要があります。膵臓癌が疑われる場合は消化器内科を受診することをお勧めします。

ボーダーダイン膵がんは転移の判断が難しい癌

膵臓癌の転移
 完治が期待できる膵臓癌の治療は、癌に侵された部位を取り除く手術療法です。しかし、この摘出手術はすべての患者が受けられるわけではありません。

 摘出手術は癌が再発しないことを目的としているため、膵臓以外の臓器に転移していることが認められる場合は、手術を行うことができません。

 膵臓癌は早期発見が難しい癌であるため、膵臓癌が発見された段階で他の臓器への転移が確認されることも多く、手術が受けられるのは全体の2〜3割しかおらず、多くの患者は手術を受ける事ができません。。

膵臓癌の手術を受ける患者 膵臓癌は治療前にCT検査やMRI検査などの画像診断を行って他の臓器への転移がないかを調べます。それらの検査によって転移が認められず、さらに膵臓周辺の血管への浸潤も認められない場合、「切除可能膵がん」と診断されます。

 一方、画像診断では他の臓器への転移が認められないものの、癌組織が膵臓周辺にある主要血管(腹腔動脈・上腸間膜動脈・門脈など)の半周以上を取り巻いている事が確認できた場合は、癌が血管内に浸潤していると考えられ、遠隔転移している可能性も高い事から「切除不能膵がん」と診断されます。

 しかし、どうしても判断しにくい状況もあります。それは画像診断で遠隔転移は認められないものの、膵臓周辺の動脈に癌組織が半周以下だけ接している場合です。その場合は血管への浸潤を判断することは困難であり、「ボーダーライン膵がん」と診断されます。

膵臓癌の手術はどうやるの?臓器の温存は可能なの?


術前化学放射線療法が研究されている


 ボーダーライン膵がんは米国のNCCN(全米総合がん情報ネットワーク)のガイドラインで以下のように定められています。

  1. 遠隔転移が認められない
  2. 門脈が癌によって狭くなったり詰まったりしているが、門脈を切除しても再建できる
  3. 総肝動脈に癌が部分的に接しているが、腹腔動脈には接していない
  4. 上腸間膜動脈に接しているが、血管の半周以下だけである


医師の説明を聞く人 ボーダーライン膵がんの治療は現在も臨床研究を行っている最中であり、はっきりとした治療法が決まっている訳ではありません。血管への浸潤も否定できず、手術しても癌組織を取りきれない可能性があるからです。

 そんな中で、少しでも手術による摘出の成功率を高めるため、抗がん剤治療放射線治療を組み合わせて行う治療法が検討されています。現在検討されている治療法としては、まず始めにジェムザールとTS-1を用いた抗がん剤治療を実施し、それと併せて放射線治療を行って癌を小さくし、それから摘出手術を行うものです。

 この治療法によって、以前は手術対象外だった患者でも手術適応になるケースが多くなっています。

膵臓癌を早期発見できた場合の生存率はどれくらい?


関連記事
すい臓がんの症状とは
すい臓がんを早期発見するには
すい臓がんの検査とは
すい臓がんの摘出手術
すい臓がん手術後の合併症
すい臓がんの抗がん剤治療
抗がん剤の種類と投与方法
すい臓がんの放射線治療
痛みを抑える緩和治療と予後
がんと診断されたら