本文へスキップ
膵臓がんは早期発見・早期治療が大切です。すい臓がんの症状、治療、検査を知っておきましょう!

サイトマップ

<当サイトは医療従事者が監修・運営しています>

> > 膵臓癌の緩和治療

膵臓癌の痛みを抑える緩和治療

※当サイトは医療専門職が監修した膵臓癌に関する情報を提供していますが、インターネットや本の情報だけで自己診断するのは大変危険です。疑われる症状がある場合は専門医を受診する必要があります。膵臓癌が疑われる場合は消化器内科を受診することをお勧めします。

がん患者の80%が痛みを感じている

身体中が癌に侵されている人
 すい臓がんは進行が早い上に発見が難しいため、発見された時にはすでに多くの臓器に転移していたり、手術による摘出が困難な場合が多々あります。また、患者が高齢なために抗がん剤治療放射線治療が積極的に行えない場合もあります。

 そのような場合は、無理に膵臓癌の治療を進めようとせず、患者の苦痛を取り除く治療が行われます。このような治療を「緩和治療」といいます。緩和治療は癌の根治を目指すための治療ではなく、患者のQOL向上を目指した対症療法であり、痛みの軽減や食欲不振、下痢などの症状軽減を目的とします。
癌細胞
 緩和治療の中で最も代表的なのが、痛みの軽減です。ガンが進行すると、ガン細胞が骨に転移したり、神経を圧迫したり、腸管や尿管を塞ぐ事によって激しい痛みを引き起こすようになります。

 実際、がん患者の80%が何らかの痛みを感じており、そのうち50%が非常に強い痛みを、30%が耐えがたい痛みを感じていることが調査でわかっています。

がん患者が抱える痛みとその原因とは?


モルヒネで痛みの90%が抑えられる


医師の説明を聞く患者 痛みの治療には「WHO方式がん疼痛治療法」と呼ばれる国際基準があり、痛みのレベルに応じて3段階の鎮痛薬を使用します。中でも一番鎮痛効果が強いのがモルヒネで、鎮痛薬を適切に使用すればガンの痛みの90%を取り除くことができると考えられています。

 このほか、痛みのもとになっている神経を切断したり、神経の周辺にアルコールや薬を注射する事で神経の働きを抑え、痛みを取り除く「神経ブロック」と呼ばれる治療法もあります。

 進行した膵臓癌は、癌の中でも痛みの強い癌であることが知られており、強い痛みによって患者の全身状態が悪化することもあります。そのため、膵臓癌における緩和治療は重要な治療であるといえます。

がん性疼痛に対する治療はどのように行う?


関連記事
がん患者が抱える痛みと原因
がん性疼痛に対する治療法
がんに伴う痛み以外の症状
がんと診断されたら
閉塞性黄疸と消化管閉塞
膵臓癌の手術(外科的治療の術式解説)
手術後経過(体の状態・食事・血糖値など)
手術後に起きやすい合併症
膵臓癌の抗がん剤治療
膵臓癌の放射線治療