本文へスキップ
膵臓がんは早期発見・早期治療が大切です。すい臓がんの症状、治療、検査を知っておきましょう!

サイトマップ

<当サイトは医療従事者が監修・運営しています>


癌に侵された膵臓 膵臓癌は早期発見が難しく、治療が難しい癌の1つです。発見時には進行癌であることが全体の8割を占めています。早期発見のためにも、原因・症状・検査・治療を理解しておきましょう。

膵臓がんの原因と生存率

 膵臓癌は早期発見が難しく、見つかった時点ですでに手術不可能な末期がんであることも珍しくありません。少しでも早く見つけるため、どのような癌か知っておきましょう。

膵臓癌とはどんな癌?
膵臓癌の原因は一体なに?
ステージ分類とステージ4の状況
膵臓癌の生存率と予後(余命)
膵臓癌の転移(肝臓・肺・リンパ節)


すい臓の基礎知識

 すい臓はその役割などがあまり知られていない臓器ですが、私たちにとって非常に大切な働きをしています。まずはすい臓の役割について知ってみましょう。

すい臓ってどんな臓器なの?
すい臓の役割とは
すい臓の病気が増えている

膵臓がんの症状と検査

 膵臓癌は特有の症状がほとんどないことが、発見を遅らせる原因になっています。症状に当てはまる自覚症状がある場合は速やかに診察を受けましょう。

膵臓がんの症状とは
初期症状と痛みをチェック
早期発見するには何をする?
健康診断で発見可能?
膵臓がんの検査はどうやって行う?
ボーダーライン膵がんとは


膵臓がんの治療

 膵臓癌の治療法はがんの進行度と患者さんの状態によって判断され、発見が早いほど完治が期待できますが、進行している場合は生存率も低くなる傾向にあります。

膵臓癌の治療には何がある?
どうやって進めるの?
膵臓癌の摘出手術(外科的治療)
入院から手術までの流れ
手術前日から当日の流れ
膵臓癌の手術後経過
膵臓癌手術後の合併症
膵臓癌の抗がん剤治療
抗がん剤の種類と投与方法
膵臓癌の放射線治療
痛みを抑える緩和治療と予後
閉塞性黄疸と消化管閉塞


納得してがん治療を受けるには

 よりよいがん治療を受けるためには、信頼できる主治医を見つけるのはもちろんの事、しっかりと説明を受け、十分に納得した上で治療を受ける事が大切です。

がんと診断されたら
医療機関と主治医の選び方
セカンドオピニオンを聞いてみよう
治療を受ける前に聞いておきたいこと
癌の相談窓口(電話・面談)

がんの痛みと症状

 がんが進行すると、多くの場合で持続する強い痛みを感じるようになります。また、食欲減退や不眠といった身体的苦痛、不安や恐怖による精神的苦痛を伴う事もあります。

がん患者が抱える痛みと原因
がん性疼痛に対する治療法
がんに伴う痛み以外の症状

すい臓の病気 急性膵炎

 急性膵炎は膵臓が分泌した消化液によって膵臓自体を消化してしまう病気です。発症すると、飲食の数時間後に突然激しい腹痛や背中の痛み、嘔吐、発熱などが起こります。なぜ急性膵炎が起こるのか知っておきましょう。

急性膵炎とは
急性膵炎の原因とは
急性膵炎の症状とは

すい臓の病気 慢性膵炎

 慢性膵炎は長年の飲酒などによって膵臓が徐々に破壊されていく病気です。破壊された細胞は繊維化し、すい臓の機能が回復することはありません。また、慢性膵炎患者は高い確率で膵臓癌を発症する事がわかっています。

慢性膵炎とは
慢性膵炎の原因とは
慢性膵炎の症状とは