本文へスキップ
膵臓がんは早期発見・早期治療が大切です。すい臓がんの症状、治療、検査を知っておきましょう!

サイトマップ

<当サイトは医療従事者が監修・運営しています>


癌に侵された膵臓 膵臓癌は早期発見が難しく、治療が難しい癌の1つです。発見時には進行癌であることが全体の8割を占めています。早期発見のためにも、原因・症状・検査・治療を理解しておきましょう。

すい臓の基礎知識
〜役割と病気〜

 すい臓はその役割などがあまり知られていない臓器ですが、私たちにとって非常に大切な働きをしています。まずはすい臓の役割について知ってみましょう。

すい臓ってどんな臓器なの?

膵臓癌とはどんな癌?
〜原因と生存率〜

 膵臓癌は死亡率が高く非常に恐ろしい癌の1つです。リスクを減らすためにも、膵臓癌の原因やステージ分類、生存率について知っておきましょう。

膵臓癌とはどんな癌?

膵臓癌の症状
〜初期症状から末期まで〜

 膵臓癌は特有の症状がほとんどないことが、発見を遅らせる原因になっています。思い当たる自覚症状がある場合は速やかに診察を受けましょう。

膵臓がんの症状とは
初期症状と痛みをチェック


膵臓癌の検査
〜早期発見するには〜

 膵臓癌は早期発見できなければ生存率は著しく低下するため、初期の段階で見つけられる適切な検査を受ける必要があります。膵臓癌の検査方法について知っておきましょう。

膵臓がんの検査はどうやって行う?

膵臓癌の治療
〜外科手術・放射線・抗がん剤〜

 膵臓癌の治療法は進行度と患者さんの状態によって判断され、根治が期待できる外科手術のほか、放射線や抗がん剤などによって治療が進められます。

膵臓癌の治療には何がある?
どうやって進めるの?

納得して癌治療を受けるには
〜治療前に確認すべきこと〜

 よりよいがん治療を受けるためには、信頼できる主治医を見つけるのはもちろんの事、しっかりと説明を受け、十分に納得した上で治療を受ける事が大切です。

癌と診断されたらすべき事とは


癌患者が抱える痛みと症状
〜癌性疼痛とそれ以外の症状〜

 癌が進行すると、多くの場合で持続する強い痛みを感じるようになります。また、食欲減退や不眠といった身体的苦痛、不安や恐怖による精神的苦痛を伴う事もあります。

がん患者が抱える痛みと原因

すい臓の病気 急性膵炎

 急性膵炎は膵臓が分泌した消化液によって膵臓自体を消化してしまう病気です。発症すると、飲食の数時間後に突然激しい腹痛や背中の痛み、嘔吐、発熱などが起こります。なぜ急性膵炎が起こるのか知っておきましょう。

急性膵炎とはどんな病気?

すい臓の病気 慢性膵炎

 慢性膵炎は長年の飲酒などによって膵臓が徐々に破壊されていく病気です。破壊された細胞は繊維化し、すい臓の機能が回復することはありません。また、慢性膵炎患者は高い確率で膵臓癌を発症する事がわかっています。

慢性膵炎とはどんな病気?