本文へスキップ
膵臓がんは早期発見・早期治療が大切です。すい臓がんの症状、治療、検査を知っておきましょう!

サイトマップ

<当サイトは医療従事者が監修・運営しています>

> > 医療機関と主治医の選び方

医療機関と主治医の選び方

※当サイトは医療専門職が監修した膵臓癌に関する情報を提供していますが、インターネットや本の情報だけで自己診断するのは大変危険です。疑われる症状がある場合は専門医を受診する必要があります。膵臓癌が疑われる場合は消化器内科を受診することをお勧めします。

治療後に後悔しないために


悩んでいる男性 がんの治療は状況によって再発を伴う事もあるために、再入院や通院を含めると長い時間がかかる場合があります。そのため、自分が治療を受ける医療機関と主治医の選択が大変重要になってきます。

 もし、がんの診察の段階で担当医が誠実に対応してくれなかったり、その病院自体に不信感を抱いている場合は、治療後に後悔しないためにも、自分で納得できる医療機関や主治医を探す必要があります。


治療を受ける病院を選ぶ


大きな病院のイメージ 一般的に「病院」と呼ばれている医療機関の種類は、厚生労働省が認可している「特定機能病院」とそれ以外の一般病院、療養型病床群に分けられます。特定機能病院は高度な専門的医療を提供しており、大学病院や国立がんセンターなどがこれにあたります。

 患者の誰しもが最高の医療機関で治療を受けたいと願っているため、特にこのような高度医療病院は混雑しがちです。

 そのため、特定機能病院を受診するためには他の医療機関からの紹介状が必要になります。紹介状がなくても受診する事は可能ですが、その場合は初診料が割増されるようになっています。また、どこにでもある病院ではないため、家から通院しづらい場所にあるなどのデメリットも少なくありません。

 特定機能病院以外の一般病院とは、一般的な治療が可能な患者を対象とした病院であり、全国のほとんどの病院がこれにあたります。病院の規模や設備はさまざまで、高度ながん治療が受けられない病院もありますが、逆にがん治療に力を入れているがん専門病院などもあり、優れた治療実績をあげている病院も少なくありません。

小さな病院のイメージ 最近では患者目線での病院情報がさまざまなメディアから発信されていますので、自分の該当するがんで優れた治療実績をあげている病院を探して受診することも可能です。また、がんの進行状況に合わせて、特定機能病院や一般病院を選択するケースもあります。自分での判断が難しい場合は、かかりつけ医などに相談してみましょう。

がん治療を受ける前に聞いておきたい事とは?


信頼できる医師を選ぶ


医師の説明を受ける人 がんの治療は自分のその後の人生を左右するといっても過言ではありません。そのため、自分の命を託す主治医は自分が信頼できる医師でなければなりません。不信感を抱いたまま治療を受けるようでは、その後に後悔したり、トラブルの原因にもなりかねません。

 受診した時の医師の対応や治療方針の説明のほか、患者がどんな質問をしても気分を害さずに答えてくれる医師であれば信頼がおけると考えられます。また、医師が自分の考えを一方的に押し付けてくる場合もあまりよい医師とはいえません。

 あくまで治療の主役は患者であるわけですから、患者目線で相談に応じてくれる医師を選ぶようにしましょう。

セカンドオピニオンを聞いてみよう


関連記事
がんと診断されたら
セカンドオピニオンを聞いてみよう
治療を受ける前に聞いておきたいこと
がんの相談窓口
癌患者が抱える痛みと原因
がん性疼痛に対する治療法
癌に伴う痛み以外の症状
生存率と余命(予後)はどれくらい?
膵臓癌の手術(外科的治療の術式解説)