本文へスキップ
膵臓がんは早期発見・早期治療が大切です。すい臓がんの症状、治療、検査を知っておきましょう!

サイトマップ

<当サイトは医療従事者が監修・運営しています>

> > 慢性膵炎の原因

慢性膵炎の原因とは

※当サイトは医療専門職が監修した膵臓癌に関する情報を提供していますが、インターネットや本の情報だけで自己診断するのは大変危険です。疑われる症状がある場合は専門医を受診する必要があります。膵臓癌が疑われる場合は消化器内科を受診することをお勧めします。

患者の6割以上が大量飲酒している人


 慢性膵炎の原因やメカニズムはまだはっきりわかっていませんが、患者の生活習慣を調べてみると、アルコールの摂取量と患者数が比例している事がわかります。特に長年にわたって大量飲酒をしている人は、慢性膵炎の6割以上を占めている事がわかっています。

お酒をたくさん飲む人 慢性膵炎の原因となる大量飲酒とは、1日に純アルコールで100g以上の摂取をいいます。これをお酒に換算すると、ビールで大瓶3本以上、日本酒で3合以上、ウイスキーではボトル3分の1以上となります。

 大量飲酒している人すべてが慢性膵炎を発症するわけではありませんが、発症の危険性がかなり高くなるという事を覚えておく必要があります。


膵液が流れにくくなると膵炎を起こしやすい


 アルコールには胃酸の分泌を促す働きがあり、胃酸は十二指腸に働きかけて膵液の分泌を促します。また、お酒と一緒につい食べがちな肉や魚など、脂肪やタンパク質を多く含む食事もまた、膵液の分泌を促進します。

 しかし、何らかの原因で膵管の中や出口部分が詰まってしまうと、膵液が流れにくくなるために膵炎を起こすと考えられています。このほか、慢性膵炎の原因として、自己免疫性や遺伝性があることもわかっています。



関連記事
慢性膵炎とは
慢性膵炎の症状とは
急性膵炎とは
急性膵炎の原因とは
急性膵炎の症状とは
すい臓の病気が増えている
すい臓がんとは
すい臓がんの原因とは
すい臓がんの生存率と予後(余命)